« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

雲仙仁田峠へ (2日目)

二日目、sun 晴れ sun

気温は低いですが日差しがあるので

峠の凍結は無さそう heart04

Img_4963_2

仁田峠循環道路は一方通行

こまかいカーブも安心して走れます

第二展望台からの景色

とても気持ち良い sign03

Img_4970

アレックス sign03

来て良かったね~sign03

Img_4971

待望の仁田峠に到着(笑)

ここからロープウェイで妙見岳(1333m)へ上ります

Img_4996

ロープウェイからの景色も見ごたえがあります

やっぱり、秋が良さそうmaple

Img_4983

展望所へ登っていきますが

息が切れます

老化現象進行中down

Img_4987

雪 snow 

やっぱり昨日降ったんだ・・・ 

Img_4989

展望台からの絶景

平成2年に噴火してできた、平成新山(溶岩ドーム)

Img_4991

仁田峠の駐車場でまっているアレックス(R1200R)

ロードスターとは長い付き合い

何処へでも連れて行ってくれる頼もしい相棒full

なんとも幸せな時間・・・

Img_4993

Img_4999

さあsign01

次は、諫早へもどって R207へ

Img_5002

九州には、春が来ています

Img_5007

R207

海岸線に沿って海を臨みながら走るローカルな雰囲気の道

山側には、みかん畑 note

私好みの道です

R207に入ったところには桜並木

あと1週間もすれば綺麗に咲きそうでした(ちょっと残念)

Img_5010

→R206→ 西海オレンジロードを走りましたgood

南九十九島の景色も見たいと思っていましたが

夜間走行時の凍結が気になります

予定よりも早く帰る事に

佐世保大塔から西九州自動車道へ

高速に乗ってからは、ひたすら走ります

渋滞もあったりして、イライラもありましたが

無事 22:30帰着 829Km走行

全走行距離 1573Km full

| | コメント (12)

2011年3月28日 (月)

雲仙仁田峠へ (1日目)

一年ぶりの遠出

距離は、多分走れる距離 good  

少々、不安ではありますが

それよりも 天候、冬型、まさか雪なんてと思っていると

山陽自動車道に乗って暫くすると

白いものがパラパラ snow snow snow 

嫌な予感的中・・・・sad

山陽自動車道最高地では吹雪いておりましたdown

雪のため走行不能なんて事にならないか心配

過去の失敗が思い出されます coldsweats01

山口には入ると雪とサヨナラ。。。ホッ happy01

写真撮れば良かった、と思ったのは九州に入ってから(笑)

長崎自動車道、金立SA 桜前線が始まっています

暖か~い cherryblossom 

Img_4949_2

Img_4948

AM 6:00にスタートして宿に17:30到着

今日の宿は、温泉保養所なので食事時間の18:00までに到着しないと

いけないという事で少々焦りました coldsweats01

食事も温泉 spa も  Good good

雲仙まで744Km 

行きたいと思った所へ計画どうりに行けると嬉しいものです

=*^-^*=にこっ♪

さて、待望の二日目

日本百名道の一つ  46本目の道

「 雲仙仁田峠循環道路 」 へ lovely

| | コメント (6)

2011年3月20日 (日)

アレックス、準備完了

雪がチラチラする3月ですが、それでも暖かくなりましたね 

昨日、アレックス(R1200R)のご機嫌うかがいと自分の調子を確かめるため

少し走ってみました

アレックスの調子は good

私は、まあなんとか走れそう note

空気圧チェックとエンジンオイルの補充も完了

ツーリング準備完了sign03

来週、一泊二日ツーリングへ

仁田峠循環道路を走ってみたい lovely

Img_4925

しかし、気になる事が

そうです、東北地方太平洋沖地震で被災された方々のこと

食料もガソリンも不足し、寒さ厳しい避難所生活をされている方々が

居られる時にバイクで走らなくてもとも・・・

私に出来る事は何?

近ければボランティア活動に参加したいとも思いますが

やっぱり今すぐに出来る事は、募金活動に少しでも寄付することだという

結論になりました

今、私に出来る事はとにかく元気で働いて

被災されて厳しい現実のなかで

頑張っておられる方々が居られる事を忘れない事

自分の枠の中で出来る事があればやって見たいと思います

| | コメント (17)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »