« 鳥取グルメツーリング | トップページ | 石見銀山ツーリング »

2011年4月29日 (金)

とうとう・・・

最近、自分の年齢を考えるようになり

老後の事を考えて 節約・貯金・体力維持 を頑張っておりました

が・・・・・・・・・・・・・

何故か、R1200Rのことになると

財布の紐もゆるんでしまう私です (〃⌒∇⌒)ゞえへへっ

以前より 「 どうしよう 」  「 あったら良いよね 」

Img_50812

とうとう。。。

買ってしまった 

トップケースとナビ  =*^-^*= 

Img_50852_2

XRの振り分けバッグが買えないのにね

ごめんね XR ・・・・・

|

« 鳥取グルメツーリング | トップページ | 石見銀山ツーリング »

コメント

積載量ハンパないですね!トップケースとナビおめでとうございます!私もいつかはナビを♪

投稿: いさお | 2011年4月29日 (金) 22時01分

いさおさん

ロングツーリング時にきっと大活躍のトップケース
ですが、一つ忘れていました
バイクが重くなる事を(笑)
立ちゴケしたら、ケースを外してからでないと
起こせないかもしれません 


ナビは、GW中に便利さを実感できると良いのですが
上手く使いこなせるか些か心配でもあり
嬉しくもありですね

投稿: kair | 2011年4月29日 (金) 22時38分

・・・うわっ、いやっ、ナビ、買っちゃったのね。

ええなぁ~

これからは、ずっと先導をお願いできるわけやね 
ラッキー 

投稿: うえひろ | 2011年4月30日 (土) 06時15分

うえひろさん

まかしてちょうだい
と言いたいところですが、慣れるのに少々時間が
かかりそうです
PCにソフトをインストールして手動でルート作成できないとね・・・
ナビさんが選ぶ道は、きっとつまらんと思いますから

投稿: kair | 2011年4月30日 (土) 21時21分

ワタクシは未だローテクで頑張っております
地図やネットで道路番号を調べて、ルート順に紙に書いていきます
それをタンクバックに入れてそれを見ながら走ってます
迷った時にしか地図は使いません
しかし、記憶力が悪いのでよく地図を見てます

投稿: Gonza | 2011年4月30日 (土) 21時56分

Gonzaさん

私は今まで、ツーリングマップルの走るルートに
マーカーをして、見ながら走っていました
ページが変わる度にめくるのが
めんどくさかったです
さてさて、どんなスタイルになるか?
暫くは、ツーリングマップルを今までどうり
持って走ると思います(〃⌒∇⌒)ゞ

投稿: kair | 2011年4月30日 (土) 22時52分

なるほど パワーアップ完了ですね
ナビ 積載 容量アップ 何処までも 行けちゃうデス

投稿: yoreyorerider | 2011年5月 6日 (金) 00時49分

yoreさん

アレックスはパワーアップはしましたが
乗り手のパワーアップをしないと・・・(笑)
荷物満載でセンタースタンドを掛けたら
ギックリ腰になりそうです(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ
これから少しずつ練習しま~す

投稿: kair | 2011年5月 7日 (土) 16時52分

初めまして、しばやんと申します。
今年、52になるオッサンですが、いま乗っているFZ/1フェーザーにはなんの欠点もないのですが、先日レンタルでR1200Rに乗ったところ、取り回しの軽さと、思いのほかのコーナリングの楽しさにガツンとやられてしまい、いま購入に向けて算段しているところです。
なとかろから、ブログを拝見させていただいておりますが、たとえば!あと、半年しかアレックス君に乗れないとしても手放さずにのりますか?

投稿: しばやん | 2012年1月19日 (木) 14時34分

しばやんさん

初めまして=*^-^*=にこっ♪
そうなんです、R1200R非常に乗りやすくまた楽しい
バイクです


私が、アレックスを手放すかどうか・・・
手放す時は、新しいロードスターが発売されるか
または、大型バイクから降りる時以外は無いような気がします。

長い間、ロードスターに乗っていて思う事、
3代目のロードスターです
男性には物足りないバイクでは無いかと思います。
ロードスターを買っても、次に他のBMに乗り換えられる男性が多いです。
RTやGSへ乗り換えられた男性ライダーが多い事
BMの入門バイクなんかな
女性の私には、非常に嬉しいバイクです

投稿: kair | 2012年1月19日 (木) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳥取グルメツーリング | トップページ | 石見銀山ツーリング »